ターゲットを決めてから行う営業車のラッピング

ターゲットを決めてから行う営業車のラッピング

main-img

営業車のラッピングを行うことで、道行く人が営業車のラッピングを見てそこに書かれているものへの認識を深めます。バスなどでこうしたことを行うケースは一般的になっていますが、何度も見ていくうちに認識が深まって、潜在的にその企業のことを知っているような状況になります。

ここで大事なことは、どの層をターゲットにしていくかということです。ラッピングをした営業車を走らせるエリアがまずどの辺りなのかを決めておき、その周辺で出歩いている人たちがどのような人が多いかというリサーチをしておく必要があります。このエリアは夕方になると買い物客が多くなるとか、朝と夕方は学生がとても多くなるなどの情報があったとすればその人たちに興味を持ってもらうようなデザインにしていくことが可能です。

ただ単に営業車をラッピングしても認識こそしてもらえるものの、それが話題になるかは微妙なところです。その人たちが食いつくようなことをして初めて話題に上り、段々と広まっていきます。
そしてSNSで拡散してくれるような形になれば、そのエリアだけでなく全国的な広まりを見せる可能性も秘めています。


ターゲットを決めておくことで、より訴求性の高い形で営業車のラッピングを行えます。

営業車のラッピングサービスの評価に関する耳より情報を公開しています。

女性が多ければ可愛らしいものにするというのでも大丈夫です。



男性が多ければ女性の写真を使ってアピールするなど性別や年齢、エリアに応じたやり方が求められます。
そのためにも徹底したリサーチがかなり大事です。



初心者向きラッピングカー

subpage1

公道を走行している車両のなかで、企業やイベントの文字やイラストといったものをラッピングしている車両のことをラッピングカーと称します。そのなかでも営業車は圧倒的に多く、一般的な車両だけでなく、公共交通機関であるバスや電車といったものも、ラッピングカーに括ることができます。...

more

ラッピングカーを身に付けよう

subpage2

企業イメージの発信は全体の統一感とイメージを兼ね備えた非常に重要なアピールになります。営業車両のラッピングも含めた企業発信型のメッセージは、広報活動においても重要な役割を果たしています。...

more

難しくないラッピングカー

subpage3

営業車両をラッピングするのは宣伝効果としてどうでしょう。恐らくたいていの場合はかなり大きな宣伝効果を発揮することが出来るでしょう。...

more

ラッピングカー関係の情報

subpage4

営業車両のラッピングは宣伝効果を狙うだけでなく、新たな表現の場としての活用が期待できます。一般的に営業車には社名などがプリントされたシンプルなデザインのものが多いですが、車両全体を使ったイメージ広告として利用すれば、さらに大きな広告宣伝に応用できます。...

more